あなたとふるさとを「わ」でつなぐ

デニムのスニーカーとスリッポン/長崎県のふるさと納税赤字【まいにちふるさと納税_20181024】

まいにちふるさと納税アイキャッチ画像

sunny

今日は外回りの日なので少なめです!

今日お送りするのはこちらの2つのトピックスです。

  • デニムのスニーカーとスリッポンの返礼品 広島県福山市
  • 長崎県のふるさと納税赤字 2018年度最悪更新見込み
それではさっそく見ていきましょう。

デニムのスニーカーとスリッポンの返礼品 広島県福山市


gihyo.jpによると、10月22日から広島県福山市ではデニムのスニーカーとスリッポンを返礼品として取り扱い始めました。福山市はデニムの生産地ということからこちらの返礼品が生まれたそうです。

「段落ち抜染(ばっせん)」の技術で柄を描いています。使い続けることで徐々に色が落ちて、履きこんだジーンズのような味わいを楽しむことができるということです。

スニーカー好きで、誰かとかぶらない靴を探している方にとっては朗報ではないでしょうか? 上の写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、ペイズリーのような細かい柄がたくさん入っています。

ぜひ下のサイトの画面をチェックしてみてください。細かい技術がお分かりいただけると思います。

【ふるさと納税】デニム抜染(ばっせん)スニーカー

上の話題とは違うのですが、広島県福山市で別の気になる返礼品を見つけてしまいました。それがこちら。

ただの箱ですが、こちらは【ふるさと納税】鋳造キットなんですって。ちゅうぞう?

鋳造(ちゅうぞう)とは、金属を熱で溶かし、形にすること。その鋳造を手軽に体験できるキットなんだそうです。80度で溶ける金属ということで、ご家庭でも試すことができるのだとか。

楽しそう! でもどうして福山市で鋳造キットなんだろう…と疑問に思って調べてみたら、いろいろと面白いことがわかりましたよ。

 

View this post on Instagram

 

IRONCAFeさん(@ironcafe.jp)がシェアした投稿

福山市には株式会社キャステムという老舗の鋳造メーカーがあるそうです。そのキャステムが経営するカフェが東京・秋葉原にあり、その名も「IRONCAFe」

IRONCAFeではこだわりの金属製品を買うことや、鋳造のワークショップも体験することができます。その際に使われているのが、この鋳造キットというわけです。

秋葉原に近い方はカフェで、遠い方はこのキットで鋳造体験、いかがでしょうか? 今度秋葉原に行くとき、ちょっと寄ってみたいと思います。秋葉原の高架下にある「2k540(ニーケーゴーヨンマル)」にあるそうですよ!

参考 IRONCAFeIRONCAFe

ふるさと納税って本当に得なの? でも大変そう…

sunny

とっても得、やらなくちゃ損なんです!! メリットやデメリットはこちらの記事をご参照ください↓
ふるさと納税が初めての方はコチラ!

長崎県のふるさと納税赤字 2018年度最悪更新見込み


長崎新聞が、 長崎県の2018年度のふるさと納税の実質収支が過去最大の赤字額だった2017年度をより悪化する可能性があると伝えています。

が、実は2018年のふるさと納税の寄付金収入は10月末時点で約2千万円と前年同期を上回っています。一方、県民の他自治体への寄付による県民税控除額が前年度比約1.4倍の見通しで、寄付金の収入が総額約2億2,500万円に達しなければ赤字解消できない、という計算だそうです。

県民がふるさと納税で寄付した額が大きすぎて、寄付された額の増加が間に合わない、ということなんでしょうね。東京以外で税収の赤字は聞いたことがなかったので取り上げてみました。


東京と違うのは、「長崎県へのふるさと納税での寄付金額は増加している」という点ですよね。努力して結果も出ているのに、それを上回るペースで流出してしまう、というのは自治体職員の方の気持ちを考えると…。

自分の住む地域でも、今行われている地域のサービスが今後減らさなくてはならなくなる、ということになるとやっぱり考えてしまいます。

うーん。少し考えてみます。今はまだちょっと考えがまとまりません。

損をしない!ふるさと納税サイトの賢い選び方

ふるさと納税を仲介するサイトは数多く存在します。それぞれ「食べ物を多く揃えている」「すべての自治体を取り扱う」「ポイントが貯まる・使える」「ブランドを揃える」などオリジナルの特徴があります。

代表的なふるさと納税サイトから厳選した6サイトの、配送方法やポイントの有無、決済などを表にし、わかりやすくご紹介しています。

自分にあったふるさと納税サイトを探すためには、サイトのメリットとデメリットを詳しく紹介したこちらの記事をご活用ください。

【2018年版】損しないために!ふるさと納税サイトの賢い選び方

編集後記

sunny

秋葉原にお茶と鋳造しに行きたい…
こういうときはやっぱり東京在住は便利だなぁ、と思います。空は狭いし自然は少ないし人が多くて良くぶつかるけど。

というわけで、今回は「デニムのスニーカーとスリッポンの返礼品 広島県福山市」「長崎県のふるさと納税赤字 2018年度最悪更新見込み」をお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です