あなたとふるさとを「わ」でつなぐ

損しないために!ふるさと納税サイトの賢い選び方

ふるさと納税をサイトで申し込みたいけど、どこから申し込んだらいいかわからないな・・・

いろいろ「ポイント」って書かれてるけど、どこが一番得するの?
お任せください! バシッとお答えいたします。

sunny

最初に結論をお伝えします。
ふるさとわっしょいがオススメするふるさと納税サイトは楽天ふるさと納税です!

「ふるさと納税」でネットを検索すると、総務省のサイトよりも先にたくさんのサイトが表示されます。これらはほとんどふるさと納税を取り扱うポータルサイトです。

ふるさとチョイスさとふる楽天ふるさと納税などなどたくさんのサイト名がありますが、詳しくサイトごとの特徴を比較しながら説明していきます。あまり知られていない穴場サイトもご紹介しますよ!

ふるさとチョイス

ふるさと納税ポータルサイトふるさとチョイスの画面キャプチャ

「ふるさとチョイス」より引用)
最大手のふるさと納税仲介サイトです。日本中すべての自治体の返礼品を掲載しているサイトは今のところここだけ(2018年10月12日)。

ふるさとチョイスは、全国1,788存在する自治体すべての「お礼の品」「寄附の使い道」を掲載しています。あなたのふるさとやお世話になった地域、気になる地域など全自治体を検索することが可能です。

「自治体を探す_ふるさと納税サイト[ふるさとチョイス]」より引用)

2017年のある調査によると、利用率No.1、満足度No.1に輝いたそうです。

 

View this post on Instagram

 

ふるさと納税総合サイト ふるさとチョイスさん(@furusato_choice)がシェアした投稿

18万点以上の豊富な返礼品を紹介されているので、選ぶ楽しさがありますね。サイトからだけでなく、東京・有楽町にある実店舗「ふるさとチョイスCafé」でも直接申し込むことができます。

サイトからの申し込みに抵抗がある方も、実店舗からの申し込みや、電話、FAXなどの手段があると安心ですね。

また、ふるさと納税を申込んだ自治体と、寄付した人が直接会うイベントなども主催しています。意欲的にふるさと納税の幅を広げていこう、としているのがふるさとチョイスの特徴です。

指定日配送△(できる自治体もあるが、指定日配送から返礼品を探すことはできない)
支払方法クレジット決済、銀行振込、郵便振替、キャリア決済、コンビニ決済
使い道指定
会員登録
メリット全自治体に申し込める
18万点以上の返礼品
デメリットポイントがたまるなどのサービスがない
トップページから返礼品を探しにくい

ふるさとわっしょい運営のsunnyの一言

sunny

ネットを見ると「ふるさとチョイスが公的なふるさと納税のサイトかと思った」という声さえ上がっています。老舗中の老舗。

とても見やすくて、年配の方にもおすすめしやすいサイトです。ただ、ポイントがたまったり、Amazonポイントがもらえる他のふるさと納税サイトと比較すると、そういった面で不利な点も。

※ふるさとチョイスにもポイント制はありますが、このポイントとは一般の「寄付金を払う→返礼品を申込む」の流れが「寄付金を振り込む→ポイントが発行される→返礼品を申込む」というシステムなので、寄付金を振り込んだことで何かのポイントがたまる、というのとは違います。

また、還元率3割を超えるものは扱わない、と宣言しています(「総務省通知に関するお礼の品の3割還元率(返礼率)に対する、ふるさとチョイスの考え方と掲載基準について」)。

ふるさとチョイスに向いている人
・どうしても申し込みたい自治体がある人
・電話などで申し込みたい人
・ふるさと納税に関するイベントに参加してみたい人

ふるさとチョイスはこちらから↓
参考 ふるさと納税サイト 「ふるさとチョイス」お礼の品掲載数No.1

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税の画面キャプチャ

「楽天ふるさと納税」より引用)

トップページだけ見ると楽天市場と同じように見えますね。実際、楽天市場でのお買い物のような感覚で寄付ができるのが楽天ふるさと納税サイトです。

楽天ふるさと納税の特徴は、なんといっても楽天市場のポイントをふるさと納税に使えることと、ふるさと納税で寄付をするとポイントがたまること。

楽天ふるさと納税のポイント説明のイラスト

「楽天市場で簡単ふるさと納税」より引用)

100円で1ポイントたまりますが、ふるさと納税は返礼率を3割にするようにというきまりがあるため、金額が高くなりがち。なのでポイントをどんどん貯められるというわけです。


楽天市場では「買いまわりマラソン」というイベントが随時開催されています。「買いまわり」とは、複数の店舗で買い物をする、ということ。1店舗で買うより3店舗、3店舗より5店舗…と買い物をしていくことで、どんどんポイントが上がっていくという仕組み。

たとえば、金額が高くなりがちなふるさと納税と、普段から良く使う日用品、ずっと欲しかったアイテム…などを「買い回りマラソン」期間中に買うと、どかんとポイントが入るというわけです。

買いまわりマラソンについては、最新のページがないのですが、概要だけ知るならこちらからどうぞ↓
楽天のお買い物マラソンを見る
※こちらのページは表示期間が切れているものです。

また、楽天の会員であれば情報を入力する必要がないのも助かります。会員情報がそのまま使えるので、住所や名前を毎回入力する手間が省けますよ。

楽天ふるさと納税の「ふるさと納税はじめてガイド」というページが読みやすく、理解しやすいのもオススメのポイントです。他サイトのように文字だらけだと読みづらいですが、このページは見やすいです。動画もありますよ。

指定日配送△(配送日の指定をできる自治体もあるが、配送日から返礼品を探すことはできない)
支払方法クレジットカード決済、楽天バンク決済(その他の決済は自治体による)
使い道指定
メリットふるさと納税の寄付でポイントが使える、貯まる
デメリット検索窓に「ふるさと納税」と入力しないと楽天市場に遷移して探しにくい

ふるさとわっしょい運営のsunnyの一言

sunny

snnnyがいちばんオススメするのは楽天ふるさと納税です! 間違いない。

なんといってもやっぱりポイントはうれしい! 今年は災害が多く、返礼品なしの災害支援のための寄付も各地で行われています。その寄付も、ポイントを使えるし、さらにポイントがたまります。貯めてきたポイントを災害に遭った地域の方のために使えるのはありがたいなーと私は思うんです。

私はめんどくさがりなので、トクはしたいけど面倒な手続きは嫌なんです。。。そんな私でも、手間をかけずにポイントを貯めたり使えたりするのが楽天ふるさと納税。

「会員になる」「買いまわりマラソンや、5や0のつく日に買い物をするようにする(※)」だけでポイントが貯まるんです。これならポイントカードをいつも忘れてしまうズボラな私でもできます!
(※5や0のつく日は楽天カード対象)

さすがの楽天市場さんの運営なので、返礼品も探しやすいです。返礼品のページもそれぞれ自治体のカラーや個性が出ていて、とても興味深いんですよ。

↓SNSでも楽天ふるさと納税でトクをしている方がたくさん。本を買わなくても、ふるさとわっしょいで説明しますよー!


↓楽天市場の「ショップ買いまわり」にふるさと納税の寄付で参加できます。

楽天ふるさと納税に向いている人
・お買い物のように楽しみたい人
・ポイントをラクに貯めてお得にしたい人
・毎回住所や名前を入力するのが面倒な人

楽天ふるさと納税を見てみたい方はこちらからどうぞ↓


f-style

ふるさと納税サイトf-styleの画面キャプチャ

ふるさと納税 F-styleより引用)

f-styleはふるさと納税サイトの中でもかなり異色のサイトと言えると思います。ふるさと納税サイトの主流は米やお肉、魚介や果物などの「食べ物」か、もしくはパソコンやプロジェクター、一眼レフなどの「高級家電」のどちらか。

 

f-styleはベビーカーなどのベビー用品やキッチン家電のバルミューダ(BALUMUDA)、ジョンマスターオーガニック(john masters organicsn)のヘアケア用品などを扱っています。

 

サイトのイメージも、他サイトのようなカタログのような印象ではなくどことなくお洒落感がある気がします。ふるさとわっしょいでおすすめしている、「返礼品を選ぶなら日用品が絶対おトク!」というテーマにもしっかり当てはまってます。

指定日配送×
支払方法クレジットカード決済、銀行振込、郵便振替
使い道指定
メリット雑貨屋で買い物する感覚で返礼品を選べる
デメリット寄付する自治体の数が限られている

ふるさとわっしょい運営のsunnyの一言

sunny

返礼品数が少なめだし、「ふるさと納税とは」という説明も足りていない気もしますが、それらのデメリットを含めてもとってもお得に欲しいものを選べるサイトです。

ふるさと納税の返礼品は、「あるもの」の中から探しがち。でも、f-styleは「いつも使ってるブランド」があるかも?と期待させてくれるサイトです。食べ物以外で探している方にはとってもオススメできます。

あと、お酒のブランドがそろっていることも特徴です。ドンペリニヨン、モエ・エ・シャンドンなど、クリスマスや年末年始、大切な人の誕生日に一緒に飲むためにふるさと納税を活用してみてもいいかもしれませんね。

f-styleに向いている人
・キッチン家電やキッチン用品が欲しい人
・赤ちゃんが家族にいる人・プレゼントなどで赤ちゃん用品を探してる人
・「ふるさと納税とは」を他のサイトで調べられる人
f-styleから探してみたい人はこちらからどうぞ↓
F-style

その他のふるさと納税サイト

私がこのサイトを始めて1か月ですが、その間にもうたくさんのふるさと納税サイトを見ました。すべては紹介しきれないので、まずは有名どころやオススメしたいサイトをご紹介しますね。

ふるり

ふるさと納税サイト「ふるり」の画面キャプチャ

(「ふるり」より引用)

ふるりは返礼品ではなく、地域の取り組みやプロジェクトからふるさと納税の寄付先を見つけられるサイトです。そのようなサイトもいくつかあるのですが、このふるりは「地域の物語を記事で読める」!というのが特徴です。

 

まずはサイトを見て頂きたいのですが、しっかり現地に行って取材をし、写真撮影をして記事を制作しているのが伝わってくるんです。

余談なのですが、私ことsunnyはこれまでライターやWEB制作の仕事をしてきました。その私が「この記事はすごい」と思う記事ばかりなんです。

サイトを通して伝えたい想いがスタッフの間で共有されていないとできない記事ばかり。熱がこもったいい記事ばかりなんですよー。ぜひ一度読んでみてほしいです。

ふるさと納税サイト「ふるり」の画面キャプチャ

「京都府長岡京市のプロジェクト|心を育む、こどもたちへの贈り物。|ふるさと納税『ふるり』」より引用)

その記事を調べるのは「プロジェクト」や「トピックス」から見てみてください。まるで旅行しているみたいな気分になれること請け合いです。

もちろん返礼品からも選べます。「返礼品」をクリックすると返礼品一覧が現れるのですが、写真がどれもこれも本当にキレイ。見てるだけでうっとりしてしまいます。

指定日配送△(配送日指定はできないが、生ものなど一部の返礼品で時間指定は可)
支払方法クレジットカード決済、郵便振替、納付書払い、口座振込、現金書留(自治体による)
使い道指定
メリット自治体を身近に感じられる
寄付されたお金の使い道から選べる
デメリット紹介されている返礼品の数が少ない

ふるさとわっしょい運営のsunnyの一言

sunny

ふるりはとにかく細部まで丁寧に作られている!と思います。モノではなく、物語からふるさと納税を選びたい方はふるりがオススメです。
ふるりに向いている人
・地域の人や取り組み、プロジェクトに興味がある人
・掲載されている返礼品の数より深く地域を知ることに興味がある人
・とてつもなくきれいな食べ物の写真を見てお腹を空かせたい人

ふるりを見てみたい方はこちらからどうぞ!

ふるなび

ふるさと納税サイト「ふるなび」の画面キャプチャ

(「ふるさと納税サイト「ふるなび」」より引用)

こちらもオリジナリティーあふれるふるさと納税仲介サイトです。「何が欲しいの?」「高級家電!」「商品券!」「返礼品だけじゃなくてAmazonギフト券も欲しい!」という欲張りさんたちも大満足なふるさと納税サイトなんです。

他サイトだと遠慮がちに紹介していることが多い(印象のある)高級空気清浄機やダイソンのヘアードライヤー、サーティワンの商品券なども、トップページからすぐにたどり着けます。なんならトップに「商品券」って書いてあります。

もちろん、お肉やお米などの返礼品もありますので、そういったものを欲しい人にも。でもやっぱり「返礼品の還元率を最重視!」という方に向いているサイトのような気がしますねー。


大きな特徴が、一定の条件を満たすと寄付金額の1%分のAmazonギフト券コードが手に入ることです。先ほど楽天ふるさと納税でも書きましたが、ふるさと納税は普段のお買い物より高額になりがち。なので1%はけして低い数字ではないんです。

ふるなびはIT企業が作っているので、サイトがとっても見やすいです。ふるさと納税サイトは紹介する返礼品の数が膨大になりがちなので、サイトの見やすさはとても大事な点だと思います。

ふるなびプレミアムという、年収2,000万円以上の方向けの特別なサービスも。寄付の提案から申し込みまで一括して代行してくれるそうです。独身で年収2,000万円とすると、上限額は600,000円以上になるので、確かに一人で使い切るのは大変かもれませんね。

その他にも、ふるさと納税で飲食ができるふるなびグルメポイントや、地域を直接訪れる旅行型の返礼品を探せるふるなびトラベルなど独特のサービスがてんこもりです。ちょっと目が離せないですねー。

指定日配送×
支払方法クレジットカード決済ほか(自治体による)
使い道指定
メリット還元率の高い返礼品を探しやすい
グルメやトラベルなど独自のコンテンツがある
デメリット使い道の情報が少ない

ふるさとわっしょい運営のsunnyの一言

sunny

2019年にふるさと納税の法改正が行われたら今の様子は少し変わってしまうのかな? と心配です。今のうちにぜひご覧になってほしいサイトです。
ふるなびに向いている人
・Amazonギフト券も家電も商品券も欲しい人
・年収が高額で使い切れない人
・ポイントを貯めるためにモールを経由して寄付するのが好きな人

ふるさと納税サイト「ふるなび」はこちらから↓

さとふる

ふるさと納税サイト「さとふる」の画面キャプチャ

「さとふる」より引用)

ふるさと納税サイトの大手、さとふるです。CMでピースの又吉直樹さんが出演しているのをご覧になった方も多いかもしれませんね。ちなみにこちらはソフトバンクグループの会社です。

画面全体に返礼品があふれています。圧巻! 画面を順に見ていくと、「ステーキの人気ランキング」「みかん・柑橘類の人気ランキング」、「カニの人気ランキング」などなどがずらりと紹介されています。

このトップページの人気ランキングは毎日更新されているそうですよ。(おそらく季節によってみかんやカニといったランキングの内容は変化すると思われます)

さとふるには、ふるさと納税の質問に答えてくれるチャットボットがいます。名前はさとみ。和服着てますね。
「さとふる」のチャットボット・さとみ

(「ふるさと納税のよくあるご質問」より引用)
「さとみ」と話しかけたら頬を赤くしてくれました。かわいいです。。。

さとふるは、「ふるさと納税に関するアンケート」で、認知度No.1、および利用意向No.1のふるさと納税サイトに2年連続で選ばれています。

返礼品の受け取りが便利なのもさとふるの特徴です。配送料が無料なのはとてもありがたいですね。また、配送時期が返礼品のページで「申し込みから1週間」というようにわかるので、計画が立てられるのもグッド。

特筆すべきなのは、一部の返礼品は指定日配送を受け付けていることと、またこちらも一部の返礼品ですが土日配送を希望できることです。特に土日配送を受け付けている自治体のページがまとめられているので、忙しい方はぜひご覧になってほしいです。まだ数は少ないですが、忙しい方も生ものなどを申込めるチャンスですよー!

指定日配送△(指定日配送、土日配送を希望できる自治体もある)
支払方法クレジットカード決済、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済、ドコモ払い、コンビニ決済、ペイジー(自治体による)
使い道指定△(使い道から返礼品を探せるが、使い道を指定できない返礼品もある)
メリットレビューがついていて探しやすい
BBQ特集、お歳暮特集など楽しみながら探せる
デメリット全国全ての自治体を扱っているわけではない

ふるさとわっしょい運営のsunnyの一言

sunny

ランキングから返礼品を探すならさとふるがオススメですよー。また「おせち特集」「絶品!海の幸海老・蟹特集」など特集も毎回凝っていて楽しく返礼品を探せます
さとふるに向いている人
・食べ物を返礼品に、と考えている人
・特集を見て返礼品を決めたい人
・土日配送など配送にこだわりがある人

ふるさと納税サイト「さとふる」はこちらから↓
さとふる

いちばん得できるふるさと納税はサイトはどれ?

sunny

ここまでをすべて踏まえて、オススメのふるさと納税サイトNo.3を発表します!

人によってさまざまな視点はあるかと思いますが、sunny視点でオススメしてみます。でも1位のサイトは老若男女問わずトクできるすごいサイトだと思ってます…!! では、どうぞ!

1位:楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税

2位:さとふる
3位:F-style
特に今回は「ラクして」「トクする」「楽しく選べる」というポイントで選んでみました。ポイントを貯めるための条件が面倒ということもなく、選択肢が多すぎて選べない…というようなことのないサイトを選んでみました。

最初はあまりにもサイトが多くて悩ましいかと思いますが、最初から上手にサイトを選んで、返礼品や使い道選びの方に時間を使ってもらえたらと思います。

というわけで、今回は「損しないために! ふるさと納税サイトの賢い選び方」をお届けしました。ご参考になれば幸いです。

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です