あなたとふるさとを「わ」でつなぐ

ふるさと納税でできる災害支援の一覧【まいにちふるさと納税号外】

まいにちふるさと納税アイキャッチ画像

今回はふるさと納税での災害支援の義援金や寄付を受け付けているサイトを紹介します。

各サイトで共通なのは、「お礼の品がないこと」「確定申告やワンストップ特例制度を利用することで所得税・住民税の控除が受けられること」です。

サイトごとの特徴もいろいろありますので、それはひとつひとつご紹介していきますね。

ふるさと納税で災害支援_ふるさとチョイス

 

View this post on Instagram

 

ふるさと納税総合サイト ふるさとチョイスさん(@furusato_choice)がシェアした投稿

参考 ふるさと納税で災害支援ふるさとチョイス

ふるさと納税サイトの大手、ふるさとチョイスの災害支援ページです。こちらが災害支援のトップページです。

左に「災害名一覧」「災害種別」(地震、台風など)、「エリア」のメニューがあり、寄付先を災害や自治体から選ぶことができます。

 

ふるさとチョイスの災害支援ページで特記したいのが「代理受付」です。

被災した自治体が直接寄付を受け付けるだけでなく、他の自治体が代理で寄付を受け付けることで、被災自治体の業務負担を減らしながらいち早く被害自治体に寄付金を届けることができるというシステム。寄付先の負担を考えなくていいのは安心できますね。

 

View this post on Instagram

 

ふるさと納税総合サイト ふるさとチョイスさん(@furusato_choice)がシェアした投稿

寄付する際に、寄付先自治体にメッセージを送ることができます。「このメッセージがありがたかった」という被災自治体の方の声も掲載されていました。

寄付する側:「寄付金を自治体に直接届けることができ、寄付金額が控除の対象になる」

寄付先自治体:「実際に被災地は大混乱、対応できる状態ではない…。そんなときの支援金代理受付は本当に有難かった」

と、寄付する人も寄付される自治体も助かるのがふるさとチョイスからの募金ですね。

 

ふるさとチョイスの災害支援はこちらからどうぞ↓

参考 ふるさと納税で災害支援ふるさとチョイス

災害支援一覧 _ふるさと納税サイト「さとふる」

 

View this post on Instagram

 

さとふるさん(@satofull)がシェアした投稿

災害支援一覧_ふるさと納税サイト「さとふる」

2018年10月6日現在、平成30年北海道胆振東部地震、平成30年7月豪雨災害支援募金、平成29年7月九州北部豪雨災害支援募金の寄付を受け付けています。

 

1,000円より1円単位で指定した金額を寄付することができます。ふるさと納税の上限額が少し残っている…というときにいいかもしれませんね。

また、返礼品を望まない場合はさとふるが被災自治体から手数料を取らずに、寄付金額の全額を被災自治体に届けることができます。

 

さとふるからの災害支援ページへはこちらからどうぞ↓

災害支援一覧_ふるさと納税サイト「さとふる」

災害支援_楽天市場ふるさと納税

【ふるさと納税】【平成30年北海道胆振東部地震災害支援緊急寄附受付】厚真町災害応援寄附金(返礼品はありません)

価格:
1,000円

(2018/10/06 12:58時点 )

感想:63件

楽天市場ふるさと納税のサイトは、災害支援の一覧を掲示したページというものはないのですが、個々の自治体のページから寄付することができます。

楽天市場からの寄付の特徴は、お買い物でためたポイントを寄付することができるということ。たとえば楽天市場でお買い物をしてためたポイントでも、楽天カードを申込んでためたポイントでもOKです。
また、楽天会員になっていれば寄付金額に応じてポイントがたまります。

寄付金額は1,000円からですが、2,000円以下の場合は寄付金控除を受けられませんのでご注意ください。

■北海道厚真町/平成30年北海道胆振東部地震
北海道厚真町への災害支援はこちらから

■岐阜県関市/平成30年7月豪雨災害
岐阜県関市への災害支援はこちらから

■岡山県笠岡市/西日本豪雨災害
岡山県笠岡市への災害支援はこちらから

■平成30年西日本豪雨
西日本豪雨への災害支援はこちらから
※こちらのページでは複数の被災自治体に寄付できます。

【ふるさと納税】【西日本豪雨災害支援緊急寄附受付】【返礼品なし】笠岡市災害応援寄附金

価格:
1,000円

(2018/10/06 13:12時点 )

感想:117件

ふるなび災害支援_ふるさと納税サイト「ふるなび」

 

View this post on Instagram

 

ふるさと納税ポータルサイト ふるなびさん(@furunavi)がシェアした投稿


ふるなびの災害支援サイトからは、それぞれの被災した自治体の現状を写真や文章で知ることができます。また、自治体のサイトにリンクがあるので、災害の側面だけでなく、普段の自治体の様子を知ることができます。

ふるなびにはふるさと納税の寄付によりAmazonポイントがたまるというサービスがありますが、災害支援の寄付には適用されないのでご注意を。

2018年10月6日現在、北海道胆振東部地震、平成30年7月豪雨 災害支援、草津本白根山噴火災害支援、平成28年熊本地震緊急支援の寄付を受け付けています。

「ふるなび」の災害支援はこちらから

まとめ

ふるさとチョイス、さとふる、楽天市場ふるさと納税、ふるなびからふるさと納税で寄付できるページの一覧でした。

募金箱に入れたお金は控除がつきませんが、ふるさと納税には控除がつきますので、自分も相手もうれしい寄付になりそうですね。

最後になってしまいましたが、被災された方々や地域の復興をお祈り申し上げます。一日も早く普段どおりの、いつもどおりの毎日が戻ってきますように…。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です